戻る戻る

1月4日(月) ni-bo- さん 葉山 ボート 中潮
2010/01/06 17:47:43 Wed
初釣りの釣果です

「今年の初釣りは縁起良く赤い魚が釣りたいな」「赤い魚といえばやはり真鯛だね」と言う事で葉山ボートへ初釣りに行ってきた。

昨年暮れに「O 先生」に一応オファーを入れておいた。
「バイオウェザー天気予報」で見ると1月4日は凪の感じ。
最近はこの週間気圧配置図で、風や、ウネリも大体だが読めるようになって来たのだから大した者だと自分ながら感心している。

企業によっては仕事初めの日だろうがボート屋さんはかなり混んでいる。
受付開始の7時に着いたのだがもうすでに20番目の札なのだ。
曳き舟は1度に7〜8艘までらしいのだが今日はべた凪だったので10艘づつの様で、何とか2番目の船で曳いてもらえた。

釣り場に着くと思った以上に北風が強くまたしてもポイント限定となっている。
真鯛のポイントは一番沖の磯「テゴ島」より100 M〜200M沖なのだけれどもな。
「危ないのでそこまでは出ないでくださ〜い」とボート屋さんのお兄ちゃんが言うものだから、きちんと守る。
今年もルールはしっかり守る私である。(笑)

「ここじゃあ真鯛は期待できないのでアジ狙いにしましょう」と「テゴ島」の西側30 Mの所にアンカーを下ろしてポイントを設定した。
仕掛けはコマセ釣り。
サニーかごMサイズに25号の錘、(ここは水深が23 M位の所なので25号で充分です)幹糸2号2Mに枝ス2号25cmを2本付けた3本針の吹流し自作仕掛け。
ハリはアジの9号。

一旦底まで落して3 M程巻上げてタナを設定、つまり底から1 Mの所で釣り始めた。
すると1投目から「グングン」という引き。
27〜28cmのシマダイが釣れた。
少し小さかったがまあ最初と言う事でキープ(ご勘弁を)。

その後も適当に二人に25〜28cmの「口太めじな」が食ってくる。
「まあここではこのサイズがアベレージでしょう。もう少し水温が下がれば35cm位のが釣れるんじゃないですか。」
「うん、でも「めじな」ばかりでなく「アジ」が釣りたいよ。」
と言うので風も少し治まって来たので移動する事にした。

ここのアジの実績ポイントは「テゴ島」の南東沖30〜40M、まだ「根」が有るぎりぎりの辺りなのだが、又しても「めじな君」。

「先生、今日はアジは居ませんね、「めじな」の日みたいですよ」
「でもこんな日でも釣る人は釣ってるんだよね」
と二人で話していると、「ガツン!!」と来た!
油断していた事と、ハリスが2号と言う事で1発で切られてしまった。
(う〜悔しい〜)

すぐさまハリスを3号の1本針に替えたが今日の私には大きいのは食わず仕舞い。
「O 先生」がその後かなりいい引きのアタリが有ったが痛恨の針はずれの「バラシ」で
終始25〜28cmの「めじな君」で本日は終了。

赤いのは「カサゴ」や「ネンブツダイ」だったけれど一日飽きずに何かしら釣れていた。
ただこの時期のボート釣りはさすがに寒いので「次にやる時は少し気温が上がってきた頃にしましょう」と二人で話しながら家路に向かったのでした。


<今回のタックル>
竿:  ゴクエボリューション タイ五目用 60号負荷―L=1900
リール:okuma タイタニック200
ライン:PEライン 3号150M
ハリス:トヨフロンスーパーL 2号 2m
ハリ :アジ 9号 3本針

<今日の反省というか今年の目標>
今年はボート釣りなら真鯛の50cmオーバーかワラサを釣りたいな。
又、ヒラメ釣りにも挑戦してみたいし、マゴチの60cm以上も狙いたい。
磯なら久しぶりに離島に行きたい。(景気次第ですけれども〜)
メジナにこだわらず釣れる時に釣れる魚を狙うつもりです。(つまり旬の魚ですね)



戻る戻る

ホームへ戻る