戻る戻る

7月10日(日) ni-bo さん 金田湾 ボート 小潮
2011/07/16 16:45:56 Sat
今回のキスの釣果デス メゴチやキュウセンベラ

7月の半ばを過ぎると少年野球部の合宿や、休日の当番出勤やら続く為しばらく釣りに行けなくなりそうなので、先週行ったばかりなのだが「かみさん」に頼みあげて今週も釣りにいくことになったのだった。

船釣りが続いたのでお財布の中身が空っぽに近くなっている。
でも釣りがしたい。
こんな時はボート釣りに限る。
なんたって一艘¥3500/2人、駐車場代やエサ代、昼飯代を入れても一人当たり¥3700〜¥3800で済むのだから。

「ボートでキス釣りに行きませんか?」と、釣友の「O 先生」を誘うと二つ返事でOK だ。
いつもながらどうもありがとうございます〜。m(__)m
行先は葉山か金田湾、どちらにするかは当日の風の具合を見て決定しようと両方に予約を入れておいた。

朝5時ちょい過ぎに出発、風は弱い南西風。
134号線の江ノ電の鎌倉高校前辺りを走りながら海をチェックする。
風は弱いが以外に波立っている。
流し釣りでマゴチも狙いたいので南西風がオフショアになる金田湾に決定。
金田湾に着くと同時に葉山の「小○ボート」にキャンセルのTEL をいれた。
(これは必ず必要デス)

金田湾のボート屋さんは「浜○ボート」
6時頃に着いたがもうお客さんでいっぱいだ。
ここはキス釣りのメッカで、春〜秋の南西風の時期はほとんど凪るのでファミリーでも比較的安全に釣りが楽しめる所である。

キスやメゴチの魚影はすこぶる濃くて、この時期ならたいして漕がなくてもかなりの確率で釣れる。
まずボウズはあり得ない。
又所どころに根が点在していてカワハギやベラの大きな奴が釣れるし、小降りのメゴチを付けて流すと運が良ければ40〜50cmのマゴチも釣れるという中々良い釣り場なのだ。

私の今日の目標はマゴチだ!
キスは小さい奴はリリースして尚且つ20〜25匹程度キープしたら、それ以上はリリース、メゴチも小さい奴はマゴチのエサにして、大きい奴だけキープする。
そう心の中で決めてボートを漕ぎだす。

岸から300M程漕いで適当な所で仕掛けを投げ入れた。
すると一投目から小気味よいプルプルがあって16〜17cmのキスが釣れた。
一投1匹〜2匹の割合で釣れる。
このペースだと2~30分で今日のキス釣りは終了してしまう。(笑)

「もう少し大きい奴を狙いましょう」と、ずっと沖のイケス近くまで漕いで行って釣ることにした。
が面白いことにこの深さではキスが全く食わないのだ。
「じゃあメゴチを釣ってマゴチを狙うか」と狙うがメゴチもダメ。
この前来た時はこの深さでなければほとんどアタリが無かったのだが水温がかなり上昇しているのだろう、皆浅瀬にいってしまっている様だ。
しかもなんとか釣れてきたメゴチはでかい!
20cm近くあるのでエサには不向きだ。

「少しずつ浅瀬に移動して、キスの大きいのが釣れた所でしばらくやりましょう」
と、50M 単位で浅瀬に移動する。
だんだんとキスの活性が上がって来て、結局は最初に釣り始めた辺りが一番釣れるところだし、型も良かった。(ははは汗)

ただメゴチの小さいのが釣れない。
速くサビくとキスが釣れるので「ポション」と近くに投げ入れてユ〜〜クリ引いてくる。
グングン、グングンとアタリが二度ありでかいメゴチが一荷で釣れた。
天ぷらには最高なのだがマゴチエサにはデカすぎる。
しかたがないので時折釣れる小さなハゼを付けてマゴチ狙いとした。

この頃から南西風が少し強くなってきたのでパラソルアンカーをセットして流す。
しかし結構速く久里浜方向に流されてしまう為、結局今日のマゴチ釣りは一流しで諦め天ぷらの「キス・メゴチ釣り」に切り替えた。

根の近くで大型のキスねらいとするがすぐにエサが盗られてしまう。
犯人はカワハギだと思う。
ただ今日は私も「O 先生」もどういう訳かカワハギの仕掛けを置いてきてしまったので釣る事が出来ず、良型の「キュウセンベラ」を釣って天ぷらの具とした。
仲間のみんなは「ベラ」はいらないと言うが、この「キュウセンベラ」は天ぷらにするとすこぶる旨い。
腰越にある「し○す屋」という繁盛店では天丼を頼むと「ベラ」やら「しこイワシ」やら色々な魚が入っていてこれが結構美味いので真似してみたのだ。

そりゃそうだよね、どこで採れたか分からない「エビ」や、冷凍の「キス」「アナゴ」などを「天ぷら」にして出している店の物に比べれば釣りたての新鮮な「ベラ」や「メゴチ」は最高の具だし、それを食べることが出来るのが釣り師の特権だと思う!(^^)v

そんなこんなで早い時間に今日の目標は達成できたし、暑いのもあって早めに納竿とした。
残念なのは「マゴチ」を釣る事が出来なかったこと。
でもこれは又のお楽しみとして、帰路に着いたのであった。

<今回のタックル>
竿:  キス用クロスバージ ライトタックル船 1.8M 錘負荷10号
リール:シマノ エアノスXT 2000
ライン:PEライン 2号150M
ハリス:1.2号*80cm
ハリ:オーナ キス競技用 10号*2本    

<今日の反省>
マゴチえさのメゴチはずっと浅瀬で、小さいのをまず釣ってから沖に出れば良かったのかもしれませんでした。




新鮮なお魚達の天丼 メゴチとキュウセンの刺身

戻る戻る

ホームへ戻る