戻る戻る

6月16日(土) ni-bo- さん 富戸沖 船 中潮
2012/07/01 13:40:06 Sun
今回の釣果デス ウッカリカサゴ(40cmのやつ)

たまにはオニカサゴが食いたい!
そういえば今年はオニが調子悪くてまだ食べていない気がする。

「さいとうさん」「O先生」「アオヤギさん」を誘ってオニ退治に行くことにした。
船はいつもの「庄吉丸」ポイントは富戸沖の80〜120M。

前日(6/16)に大雨が降ったので出船を1時間ほど遅らして、6時半とした。
凪はまだあまり良くないので初めは近場35〜40Mの所でイソカサゴ狙い。
「O 先生」が一匹釣ったものの他はあまり良くない。

少し凪てきたのでオニのポイントへ移動した。
「さいとうさん」に1kg位のオニが掛かったので皆やる気満々。

私には500g位のオニと20cmのリリースサイズが何匹かきた。
それ意外に魚はデカいのは釣れないがそれなりに遊べる感じ。

しかしこれからという時に風が出てきたので又近場へ移動。
これを何回か繰り返しているうちに海がやっと凪てきた。

時間は12時ころ、40cm位の「沖カサゴ」が釣れた。
和名は「ウッカリカサゴ」と言うらしい。
「カンコ」とはまだ呼べないサイズだ。

次はオニのデカイのが来ないか?と期待して流す。
すると「ググ・・グン!」と強いアタリ。
竿が一気にしなる。

せっかくの大物のアタリなので慎重にやり取りをする。
そして上がって来たのは50cm、2sは有りそうな「沖カサゴ」
これはもう立派な「カンコ」だ!
「ここにはこんなのがいるんですよ」と船長。

気を良くした私は同じ釣り方でもう一度探る。
「グググ・・グングン!」とさらに強いアタリ。
さっきより引きが強い。
一体なんだ?
果して上がって来たのは前のよりさらにデカイ52cm、2.4sの「カンコ」だった。

この2匹でクーラーはほぼ一杯になってしまった。
その後30cm位の「沖メバル」(ウスメバル)を2匹追加して、本当にクーラー満杯で納竿とした。

<今回のタックル>
竿:  ゴクスペシャル 遠征五目用 150号負荷―L=1800ワンピースロッド
リール:シマノ 電動丸 3000H
ライン:PEライン 6号300M
ハリス:シーガーエース 幹糸 8号 80cm・ハリス6号1M 
ハリ :ムツ 17号 2本針
錘  :100号
天秤 :中型 50cm (自作テンビン)
エサ :サバ短冊、シコイワシ


<今日の一言>
オニカサゴのデカイのは釣れなかったけれど今日は良しとしよう。(^^)v
カンコの刺身は旨かったですよ。
又カンコはから揚げやフライが結構美味でした〜。

カンコの刺身 カンコです〜(^^)v

戻る戻る

ホームへ戻る