戻る戻る

8月5日(日) ni-bo さん 久里浜沖 船 大潮
2012/08/10 17:34:46 Fri
今回の釣果(2Lのペットボトルです) この刺身で一杯ギュッとね

今年はどういう訳か剣崎沖でワラサがもう釣れている。
7月には良い人で20匹を超えて、毎日クーラー満杯で早上がりとの情報。
まあワラサと言ってもまだイナダクラスだけど、1.5s〜たまに3s位のが混じる様だ。

でも「行きたい!」と、「さいとうさん」に声をかけて8月5日「イナワラ」釣りに行ってきた。
今回利用した船宿は松輪の「あまさけや丸」去年ワラサ釣りをした同じ船宿だ。
今日の船長は若い船長で寡黙な人、あまりうるさく言わないので返って釣り易い。

出船は5時30分、着いた場所は久里浜沖だった。
情報では「ぶっこみから食いまくり」という事なのでハリス8号*6 Mで始める。
イナワラなら5号位でも充分だけど昨日は4.5sが上がったし、かなりハリス切れもあった様なので8号とした。

「は〜い始めて、タナは15Mでやってね」
「なに?15M?それは浅い、これなら魚が小さくても結構引くな」と思いながら始める。

隣でいきなり「O 先生」が掛けた。
サイズは50cm位なのでやっとイナワラだ。
でも一匹目なのでタモ獲りをしてあげた。
今度は後ろで「健さん」が掛けた。
(今日のメンバーは「さいとうさん」と、「さいとうさん」のとこの職人さん3名、O 先生、と「私」の6名。
5人以上なら仕立てでOKなので気兼ねなしで釣りが出来るのも「あまさけや丸」の良い所)
これもタモ獲り。

やばいスパイラルにはまりそう。
自分には掛からずに周りの人のタモ獲りスパイラル。

本当にそうなってしまった。
魚のサイズが小さいので抜きあげることにしたのだが私に食わない。
「O 先生」が4匹釣って
「今日は入れ食いだね」と言っているのに私にはイナワラが1匹だけ。

周りの船でも皆ガンガン釣れているのに一向にアタリが無い。
これではノルマの6匹に達しないではないか!(汗!)
仕方がないのでついにハリスを6号に変えた。
するとどういう訳か、たて続けに3匹釣れた。
食いが良い時はハリスの太さはあまり関係がないのだと思うのだけどもね。
偶然かな?

サイズは52〜53cmだがタナが浅いのでかなり引く。(この時は11 M)
魚が元気なのだ。
ハリスを持って上げてくる時もグングンひっぱって、グルグル回って暴れる。

当然素手ではハリスで指が切れるので手袋をしているのだが、その手袋も切れてしまった。
向かいの船で釣っていた方は素手の様で「うわ〜痛て〜、イテ、イテ、イテ〜」とやっていた。(笑)

「結構引くけどこのサイズなら6号でいいや」と釣っていたら、いきなり強いアタリがきて竿をのされた。
8号ハリスの調子でドラグを目一杯締めていた為6号ハリスを飛ばされてしまった。
油断していた。
バラす時はたいていこんな感じだ。

その後もう一度ハリスを8号に戻して釣る。
それでも何とかノルマの6匹をクリアできたので良しとしよう。
ただ8号に戻してからは1度も強いアタリは来なかった。(^_^;)

トータル7匹釣れた所で、アタリがパタっと無くなってしまった。
しかも今日の海は風がまったく無くベタ凪。
つまり灼熱地獄。
「さいとうさん」始め皆さん完全にグロッキーになっていたので早めに納竿とした。

帰り道も時間が早いので日曜日にも関わらずスイスイ帰ってくることが出来、魚のさばく時間も充分であった。
もちろんお刺身にして冷えたビールでギュっとやったのは言うまでもないのだった。(^^)v


<今回のタックル>
竿:  ゴクスペシャル 遠征五目用 701-120 
120号負荷―L=2100 グラス系ワンピースロッド
リール:シマノ フォースマスター3000(おニューだぜ)
ライン:PEライン 6号 300M
ハリス:シーガー 8号 、6号 6M
クッションゴム:2.5mm 1M 
ハリ :がまかつ ヒラマサ 11号 
カゴ :80号 プラビシLサイズ
天秤 :50cm(自作テンビン)


<今日の反省>
始めは60Lクーラー満杯に釣ってやるぞ〜と思っていましたが近所に分けてあげて7匹で充分でした。
処理しきれない程釣ってしまうことは殺生なのだと何処かの船宿の船長が言ってました。
これ、本当だと思います。
今後も気を付けなければ・・・・
(そんなに釣れないか(^^))

イナワラの中華風ユッケ これでも一杯?

戻る戻る

ホームへ戻る