戻る戻る

11月3日(土) ni-bo- さん 伊東沖 船
2012/11/17 23:18:53 Sat
今回の釣果デス パールピンクのアカムツ〜

そろそろ根魚の時期になってきた。
青物やイサキなどのコマセでの釣りも楽しいが私は根魚釣りが結構好きなのだ。
なぜか?って、仕掛けを底まで落とした後自分で誘いを掛けながら釣るから。

底取りをしたらロッドキーパーに掛けたままで時々底を取り直す、なんて釣りはしない。
ずっと手に持って、「見てごらん、ここに美味しいエサがあるよ〜」って感じで誘い続けるのだ。

そりゃ一日中誘いを掛けるから結構疲れるが性格上置きっぱなしというのはダメ、それで釣れたら「自分で釣った!」って気がするし、実際数も伸ばすことが出来る。

海底の根や砂地、駆け上がりの状況を感じながら誘いを掛ける。
ククッとアタリがある。
直ぐには合わせない。

少し仕掛けを送ってやって、竿先で聞くように軽く持ち上げる。
デカイ魚ならそこでグングンと引き返す。
そうしたら手巻きで3~5Mほど巻き上げてやる。
それで針掛かりだ。

そのあとは電動のスイッチをいれ低速〜中速で巻き上げる。
中深場なので80〜120M位、その間ずっと手持ちだ。
魚がデカければ途中グングン引く。
これがたまらない。

上がってくるまでの時間「何の魚だ?本命か?外道か?」とドキドキしながら巻いてくる。
後10M、9M、8M、7Mと近づいて来る。
魚の影が見えた。
どうだ?  赤いぞ。  本命だ!(オニカサゴの場合)
キーパーにロッドを掛け手巻きで巻く。
タモ入れが上手くいきフィニッシュ!
「やった〜デカい!」とこの感覚が最高なのだ!

という訳で「自分で釣った感」が味わえるので根魚釣りが好きなのだ。

その根魚狙いで「さいとうさん」に連絡をいれた。
いつもの富戸の「庄吉丸」は船長の都合で取れなかったので伊東港の「たか丸」で行くことになった。
この船はアカムツを釣らしてくれる船だ。
アカムツは初めてだが今では幻の魚と言われていて相模湾ではなかなかお目に掛かれないそうだ。
一匹釣れれば御の字でボウズ覚悟の釣りだ。

一度やってみたかったのだが、ただ中深場でも200M〜250M位を狙うため錘は200号を使う。
当然タックルもいつもの3000番では糸巻量に少し不安という事でキンメに使うコマンドX-4を持っていく事にした。
つまりそのタックルと錘の関係上重すぎて手持ちでの誘い釣りは無理。
底立ちを取ったらキーパーに掛けてキンメ釣りみたいにアタリを待つ。
それだけがちょっと残念なのだ、でも仕方がない。
「白身のトロと言われるアカムツを一度食してみたい」が大きくて釣行に至ったのだ。

伊東沖と題したがポイントは伊東からおよそ30分、ほとんど網代沖。
海は凪で深場釣りには持って来いの感じだ、いやがおうにも気合が入る。

たか丸の釣り方は少し違った形での釣り方だ。
普通、深場での釣りだと仕掛けを落としていく時お祭りを避けるため端から順番に落として行くのだが「たか丸」の場合全員一度リールのクラッチをONにして、竿に仕掛けを吊るしておいて船長の合図で一斉にクラッチをOFFにして落とすのだ。

その一投目小さなアタリがあり上がってきたのは20cm位の「シロムツ」だった。
一緒に行った「アオヤギさん」が「それはギンメダイだから美味しくないよ」と言っていたが、船長が「今のはシロムツだよ」と教えてくれたので迷わずクーラーへ。(^^)

二投目、仕掛けが絡んでいたのでパス。

そして運命の三投目(ちよっと大げさかな(笑))
仕掛けが底に着いて糸フケを取って、およそ2 M巻いてアタリを待つ。
ゴンゴンと竿先にアタリがあった。
さっきよりずっと明確なアタリだ。

ゆっくり竿を持ち上げる。
ググッと魚の感触が伝わってきた。
追い食いを待とうかと思ったがもしもアカムツだったら下手に追い食いを待ってバレでもしたら大変だと思い巻き上げに掛かる。

途中何度も引いているのでバレてはいない。
そして上がってきた魚体は薄っすらと赤い、パールピンクってやつ。

「何だ? 赤いぞ おお〜アカムツだ〜 やった〜」とそりゃもう大変。
サイズは36cm位だがしっかりとタモで掬ってGETT!
見ると船長も拍手をしている。
「あ〜良かった、これで今日はとりあえず肩の荷が少し下りたよ」と喜んで、直ぐに写真を撮ってくれた。(写真はたか丸のホームページを見て下さい)
それほどまでか、と改めて思った次第である。

その後アカムツは釣れず、船中1匹だった。
他にはクロムツが釣れ「赤、白、黒」のムツ三色を達成。
最後にはワニゴチまで釣れて数はたくさん居ないが旨い魚ばかりをお土産にすることが出来た今回の釣行であった。


<本日の一言>
いや〜アカムツの旨いこと、さすが白身のトロと言われるだけありました。
身は刺身で食べて、カマの部分や頭は塩焼きで食べたのですがもう脂がたっぷりでホント旨かったですよ。
又ボウズ覚悟で釣りに行きたいな〜。

<今回のタックル>
竿  :ゴクエボリューション 遠征五目用 200号負荷―L=2100ワンピースロッド
リール:ミヤマエ コマンドX-4
ライン:PEライン 8号800M
ハリス:シーガー船用 幹10号4.5m 枝8号75cm×3本針 
ハリ :ムツ 18号  
錘  :200号


アカムツとクロムツの刺身 赤・白・黒のムツ三色

戻る戻る

ホームへ戻る