戻る戻る

6月8日(土) ni-bo- さん 葉山 ボート 大潮
2013/06/09 13:01:09 Sun
カワハギの釣果 今回のキスの釣果

前回金田湾に引き続き葉山にボートでキス釣りに行ってきた。
金田湾ではでっかいマゴチを釣ったもののキスの食いがイマイチだったのとなぜか天ぷらではなく、「キスのフライ」が食べたくなったのでもう一度キス釣りを計画したのだ。

風は弱い北東〜南西の予報。
葉山でのキス釣りには最高のコンディションだ。

水深7Mから流し始めて釣れるところでアンカーを落とすのだ。
すると一投目から一緒に行った「O 先生」にアタリがあり20cm位のキスが釣れた。

その場所にアンカーを投げいれ釣り開始。
直ぐにアタリがあったが15cm位のキスでサイズがイマイチ。
少しずつ沖へ移動するがあまりサイズがUPしない。

今日はキスの食いはすこぶる良い。
一投ごとに必ずアタリがある。
戸の為小さいキスは出来る限りリリースするが中にはしっかり飲んでしまって、2本針を食っている物までいる。

9時頃になって風がまだ北東の内にカワハギ狙いで沖に移動する事にした。
途中カワハギ釣りをしている方に尋ねるとあまり良くないとの返事。
島の右側のカワハギは皆に狙われているので左側に釣り座を決める。

>ここでカワハギポイントを教えてしまおう。(本当は内緒なのだよ)
平島と割島との間を抜けてそのまま三浦方面へ70〜80M程漕ぐと根が終わり砂地になる。
その根際を中心に沖と岸に向かって150M位の範囲を狙う。
風が北東なら根の上でアンカーを投げ入れ、南西なら砂地に投げ入れアンカーロープの出し入れで調整する。
この場合魚探があると簡単に根際を探れるのだけども、うまく出来ない時は根より砂地の方がまだ良い。
なぜならば根の上だとスズメダイやネンブツダイの猛攻にあい一発でエサを取られてしまうからだ。<


其処では26cmを頭に18cm〜23cmを3匹、釣って風が南西に変わってきたのでもう一度キスのポイントに移動する。
風が南西なので移動はとても楽ちんだ。

途中水深14Mで一旦アンカーを投げ入れ探ってみた。
するとこの深さが良かったのか20cm位の良型のキスが釣れた。
しかも釣れるサイズは殆ど20cmだ。
10匹ほど釣ったところでタイムオーバーとなり今日のキス・カワハギ釣りは納竿となった。

今日は念願のキスのフライが食べれると喜んで帰路に着いた。
ただ残念だったのはカワハギには肝があまり入っていなかった事。
やはりこの時期カワハギは釣れるが肝パンになるのは10月頃からなのだなと思うのであった。

<今回のタックル>
−キス−
竿:  「キス用」クロスバージ ライトタックル船 1.8M 錘負荷20号
リール:シマノ エアノスXT 2000
ライン:PEライン 2号150M
ハリス:1.5号*80cm
ハリ:ガマカツ キス流線 8号*2本    

−カワハギ-
竿:  舞網クラフト カワハギ浅場用グラスロッド 1.5M
リール:グローブライト タイフーン
ライン:PEライン 1.5号100M
幹糸:シーガーエース 3号 60cm
枝ハリス:シーガーエース 3号 7cm  
ハリ :カワハギ 5号 3本針


カワハギの刺身肝そえ キスのフライ(これが食べたかったのだ(^.^))

戻る戻る

ホームへ戻る