戻る戻る

12月7日(土) ni-bo- さん 江ノ島沖 アマダイ釣り 中潮
2013/12/08 17:01:29 Sun
12月1日の釣果(秋田屋さんのHPより) アマダイの酒蒸し

12月7日アマダイ釣りに行ってきた。
先週のリベンジだ。
今回を含めて3連続アマダイ釣りなのだ。
アマダイは旨いので大好きなのだがこの釣行しばらく続きそうだ。

アマダイは真鯛が釣れなかった時の保険みたいな感じでいくらでも釣れそうに思えるが意外に難しいのだ。
先週2匹の釣果だった。
しかし隣の人は(中乗りさんですが・・・)10匹釣っていた。
しかもプラス良型オニカサゴも2匹。

あまりにも釣れないのでどのような仕掛けでタナはどれ位か尋ねた。
すると「今日は潮が速いので仕掛けは3Mと長くしてさらに1Mのクッションを付けて、タナは底から50cm位です。」との事。
なに?それでは殆どベタ底ではないかと思いながらも持っていた仕掛けの一番長い奴に付け替えて、さらにクッションを付けて、同じ様に釣ってみた。
するといきなりアマダイが釣れた。

その後も途中でバレテしまったが良い引きが有ったりコアラ(30cm位の小さいアラ )が釣れたりと立て続けにアタリが出だしたのだ。
それが納竿30分ほど前でなければもう少し釣果も伸ばせたかと思ったのだ。

そんな訳で今回もリベンジに行ったのだ。
港は腰越漁港。
船は「秋田屋」さん。
私の少年野球部の教え子の家でその子もそこで働いている。
もうそんな年になったのだなと頼もしく思ったのだ。

腰越漁港は家から歩いても5分の所、こんな近くに船宿が有るのだから何も無理して伊豆までアマダイ釣りに行かなくても良いなと改めて思った次第である(^^)

ポイントは江の島の沖で、漁港から10分位。
水深80~90Mの所を釣る。
一緒に行った「O 先生」が一投目でいきなり35cm位のアマダイを釣り上げた。
「先生、幸先良いじゃないですか」
「うん、でもこんな時はたいがいこれ一匹って事が多いんだよ」
などと会話が盛り上がる?
私にも直ぐに33cm位のアマダイが来た。

中乗りさんも「お二人はもう釣ったの?」と驚いていた。
しかし釣りはそんなに甘くなくその後しばらくアタリが遠のいた。
仕掛けは前回の反省で3M+クッション50cmでなるべくベタ底でやっている。

同じ「秋田屋」さんでもこの前と船が違うので中乗りさんも違うが仕掛けを見ると殆ど同じ様で彼はさらに4本針でやっている。
でも釣れない様だ。

「今日は全くアタリが無いよ、アカボラも食わない」と船長と話している。
すると後ろの方が35cm位の良型を上げた。
しかも2匹続けてだ。
見ると市販の2M位の仕掛けでやっている。

私もそれにあやかり直ぐにいつもの仕掛けに変える。
ハリス3号2針、針は丸カイズ14号、幹糸は4号で全長2.1M これがいつもの仕掛け。
タナは底から50cm〜1M で、腰の高さまでゆっくり誘い上げる。
するといきなり35cmのアマダイが釣れた。

「ここのポイントは良いな、これならまた釣れるな」と思っていると船長が「移動しますので仕掛けをあげてくださ〜い」とアナウンス。
だいたいそうだ、何かアタリが有ったり釣れそうな兆候があった時に限って移動する。
でもまあ私一人で釣りしている訳ではないので仕方がないが。

そんなこんなで色々やって見た結果33cm〜35cmのアマダイを4匹釣る事が出来た。
途中で一発かなり良い引きがあったが上げてくるときバレテしまった。
アマダイは大抵針を呑んでいるので途中でハリはずれでバレルことは無いので、今日はあまり食いが良くないのだと思い港に着いた。

「これで今年の釣り納めですね来年の釣り初めも赤い魚という事で秋田屋さんでアマダイにしませんか」
「ボクは2匹しか釣れなかったよ、よっぽど下手なんだ、アマダイはあまり居ないんじゃないの、釣り初めは別な魚にしたいよ」
とネガティブになった「O 先生」と話しながら道具を車に運んでいる時、一緒に乗っていた今日の竿頭の方の釣果を見てびっくり。
何と25cm〜40cmを12匹釣っていたのだ。
船長に聞くと「あの人の仕掛けと誘いが今日の潮にぴったり合ったんだろうね、アマダイはベタ底で食う日もあれば少し上で食う日もあるし分からないもんだね」との事。

それを見た「O 先生」も少しやる気を出したみたいで、「こんなに釣れている人も居るのだから又やって見ようか」と言っていた。
来年の釣り初めは何となく「アマダイ」になった気がした。

<今回のタックル>
竿  :舞網工房 イナダ・イサキ用 グラス100% 錘負荷60号〜100号 L=1900  
リール:シマノ 電動丸 3000H
ライン:PEライン 6号300M
ハリス:シーガー 幹糸4号 2.1M・枝ハリス3号30cm 2本針 
    シーガー      3.0M           3本針 
ハリ :丸カイズ 14号 
錘  :80号
天秤 :中型 40cm
クッション:2mm×50cm
エサ :オキアミ LLサイズ


<今回の反省>
いつも同じ仕掛けで釣れるほど釣りは甘くはありませんね。
その日の水温、潮の速い遅い、濁り方 など状況に応じて判断して釣る事が大事なのだと改めて思いました。
もう一つ、今年の釣り初めもアマダイでした。
アマダイに始まりアマダイで終わったこの一年でした。
来年も楽しく釣りが出来ますように。m(__)m

アマダイの松笠揚げ アマダイの皮霜造り

戻る戻る

ホームへ戻る