戻る戻る

7月13日(水) ni-bo- さん 富戸沖 中深場釣り
2016/08/09 10:04:10 Tue
メダイとオニカサゴ オニカサゴの刺身

富戸の中深場釣りに行ってきました。
釣り船はいつもの御用達の「庄吉丸」。
船長は良い方で、少しくらい上手くいかなくても全然怒ったりしません。

朝一はキンメ狙いでしたが今回はアカムツの胴付き仕掛けで始めましたどこが違うかといえば富戸に限ってかもしれませんがキンメはハリス16号75cmの6本針、一方アカムツはハリス8号100cmの3本針です。

キンメは底から少し上まで浮くので針数を多くするのが普通で、アカムツの場合は底から1M〜5M位の範囲を探るので針数は3〜4本と少な目です。
富戸では吹き流しで狙うことが多いので胴付きの場合もハリスを1Mと長目に取ります。

しかしキンメのポイントでアカムツの仕掛けで挑んでしまったので(両方狙おうと欲張った為)上の棚まで探れず30cm位のキンメが1匹と貧課でした。

その後アカムツのポイントに移り、なんと全長130cm、重さ推定15sのバラムツを釣りました。
バラムツは身がほとんど脂でしかもその脂は人の体では分解出来ない為3切れ以上食すると翌日お尻から脂が自分の意志とは別にタラタラ出てしまうという恐ろしいものだと聞いたのでその場で海にお帰り願いました。(笑)

同じポイントで65cmのメダイを釣り、オニカサゴのポイントで45cm、重さ1.5kgのデカ鬼を釣ることができました。(^^)/

今回は数は釣れませんでしたがそこそこのサイズの魚を釣ることができて満足な釣行でした。

オニカサゴのヒレの唐揚げ オニカサゴの中華風あんかけ

戻る戻る

ホームへ戻る